備忘録

思ったことを忘れないように

花宮真

くろステ終わりましたね。

大阪前楽での太田さんの「霧崎第一はこれで最後。」っていう言葉に不覚にも大泣きしてしまいました。

ここまでハマるとは思わなかった花宮について、落ち着いてはいませんが書きたいと思います。


花宮真というキャラクターは元々原作でも好きなキャラでした。

ドS、黒髪、性格が歪んでいるキャラを好きになる傾向があるので…

でも初日に見たときからどうしようもなく心を掴まれたのは太田さんの花宮真が最高に最低で、目が離せない存在だからだったんだと思います。もちろん、太田さんのファンという色眼鏡もきっとあります。


初日の花宮より、千秋楽の花宮は怒り・妬み・様々な感情が増えて表現豊かになっていました。初日は感情が薄かったというより、日が進むにつれて何か渦巻くものが溜まってきたのかなという印象でした。

四つん這いで進んでくるのは東京公演の中頃からだと思うんですが、めちゃくちゃ狂気じみてましたね…リコに近付いて木吉にガードされているときセリフの途中ですがチッっと舌打ちをしながら離れていくのも苛立っている感じが伝わり良かったです。

黒子と対峙するときも、片手で顎を掴んだり両手で顔を掴んだり、バリエーション豊かでしたね…千秋楽で黒子が花宮の手を力いっぱい跳ね除けたのを見て「今までの恨みつらみが…」って勝手に思っていました。

日向に対して「お前は怪我しなくて良かったなぁ、メガネくん」と舌を出してメガネを下げる仕草が追加されていたのも最高でしたね。あのときの花宮の腹の立つ顔のこと…

花宮の舌出しのバリエーションが豊富で、見るたびにウッ…となっていました。審判の目を隠すために前に立って火神に舌を出すところも最高ですよね。

あと1番言いたいのは最初と最後に踊るRIMFIRE!!

踊っているときの顔、最後に皆でポーズしているときの顔、試合を挟むことによってこんなにも変わるのかと本当に驚きました。誠凛と花宮が対峙して踊るとき、最初は不敵な笑みを浮かべていますが最後では舌打ちをして忌々しげな表情を浮かべています。ポーズをとるときも最後では舌を出していてもう、もう…好きです。

そして花宮と木吉。バスケに対する姿勢は正反対でも根本にある感情は実は似ているんじゃないかと思っています。

木吉は日向にキセキの世代との出会いでバスケをやめようかとも思ったと口にします。それはきっと花宮も同じなんだとぼんやりと思っていました。無冠の五将が抱える「彼らがいなければ自分たちがキセキの世代になれた」という気持ちの表れ。花宮はそれを屈折した感情と共に表しただけなんじゃないか。人間誰しもが隠したがる感情を集約したのが花宮の顔。だから花宮のことを決して嫌いにはなれない。

木吉に「またやろうな」と言われたときの花宮の叫びはずっと忘れられないし、何度だって泣いてしまいます。花宮は花宮のバスケをして負けた。やっぱり応援している人が負けるのは悔しいじゃないですか。結末がわかっていても霧崎第一の皆が勝ちを信じているなら7回とも自分も勝ちを信じて見続けました。

木吉ではありませんが、花宮のプレーでティアドロップはやっぱり凄くて1番カッコいいと思います。


太田さんは稽古前のインタビューで「きっとまた稽古場では1人で隅っこにいると思う」と答えていました。でも花宮が霧崎第一のメンバーを主将兼監督として信頼していたように、太田さんもどんどんメンバーを信頼していって、4人でいることが何となくとても嬉しかったです。初めての主将でメンバーがどんどん可愛く思うって言っていた太田さんも可愛かった。

太田さんの演じる花宮真はもう2度と観られません。

でも自分が観た7回の花宮真を、変わっていった花宮を大事にずっと覚えていこうと思います。

個人的には村正のときより鍛えられた二の腕がとてもとても好きでした…。

狂ったように花宮のブロマイドを買っていた自覚はありますが、それぐらい花宮真は素晴らしかったと伝わってくれれば嬉しいです。

配信も始まったので、毎日花宮のスクショを撮りながら「あー…カッコいい。まこちゃん…」ってきっと思ってます。

花宮真役、太田基裕に出会わせてくれてありがとうございました。

また新しい景色を楽しみにしています。

広告を非表示にする

今日も私の推しは素敵です。

黒ステの東京公演がはじまり、明日には千秋楽ですね。

太田さんの花宮が本当に大好きで、後半ではいつも最後のシーンで泣いていました。

周りはきっと誠凛の絆、WC出場に泣いているんだろうなとぼんやりと思いながら自分はいつも花宮の叫びに泣きます。

どのチームに思い入れがあるのかで見方が大きく変わるのも面白いなと思います。

まだ避けている感想も沢山あるので、大阪公演が終わったら、また改めて花宮については書きたいです。



今回の花宮も、初日からどんどん変わっていっています。

舌をベーッとするタイミング、セリフの強弱、動き、指先の使い方…。

舞台の花宮はアニメ・マンガとは違って1番狂気じみている、太田さんの花宮だと思っています。

そして今回、自分のタイプにヒットしている太田さんの花宮をとても褒めちぎっている自覚があります。

好きな俳優さんを褒めるだけの人は、その俳優さんの成長を望んでいないってツイートを見かけました。

とにかく褒めるのは盲目と思われるんじゃないかと不安で、太田さんをひたすら褒めるツイートをしているのが嫌な人もいるんじゃないかなと悩んだ時期もありました。

でも大好きな俳優さんを良いところを沢山見つけて褒められるのって本当に楽しいし、自分の推しは本当に素敵なんだと悪いところより良いところを知ってもらいたいのは自分の本音なんだと思っています。

太田さん自身が常に満足せず、次はどうしたら良い?と考えていらっしゃるのであえて自分が何かを指摘する必要はないんじゃないかって気持ちもあります。

いつだって試行錯誤を繰り返す太田さんをとても応援しているファンがいるって伝えられる文章を書きたい。だから太田さんが少しでも変えたところに気づいて、良くなったところを褒めたい。まわりには素敵な俳優さんなんだと伝えたい。そんなに気にしなくても良いのかなと考えるようになりました。


そして長く応援したいと思うから、自分がほしくないプライベート真偽不明の情報はなるべく見ないようにする。息切れしないように、調整する。



そして今回の黒ステは本当に今の環境に感謝しました。

色々環境が変わる中で1日おきに早退。申し訳ないと思って謝るといつも「もっくんを観る時間を大切にしているんだから、良いんだよ」と言ってくれます。

前の仕事のときは自分のことでいっぱいいっぱいだから人の話を聞かずに会話にならない、薬を飲まないとイライラが止められず寝ることができない。好きなものを観ていても必ずどこかで仕事のことを考える。自分でもわかっているけどコントロールできない。本当に辛かったです。

でも太田さんの舞台を観て、これで本当に良いのかと考えて抜け出すことができました。

そのあと、太田さんを1番に応援するようになったんだと思います。

周りの人には「本当にいつもありがとうございます」という気持ちでいっぱいです。だから休みの人が出て仕事が回りにくくなれば、率先して2人分の仕事をしたり自分に出来ることをしようと思って動きます。そうすると先輩に背負わなくて、抱えなくていいって言われますが…

太田さんを全力で応援できる今が、とても楽しいです。




明日は東京千秋楽、大阪公演に繋がりますね。

最後まで怪我なきように祈ってます。

変わり続ける太田さんの、花宮のバスケを最後まで見届けます。

誕生日が近いからと自分を甘やかして決めた

2年ぶりの大阪遠征、楽しみだー!

みほとせ〜村正〜

つづき。村正なのでとても長いです。


太田さん演じる千子村正

ゲームのキャラクターとはまったく違うんだろうなという印象でした。

体格を寄せてはいかないだろうとは思ってましたが、中性的な部分で妖艶さを出していたのはさすがだなと思いました。

うさぎ!可愛い!美しい!村正すき!って語彙力を失うぐらい虜になりました。

1番妖刀伝説に縛られてこだわっていたのは村正だったんだ、と思っています。それが悪いことではなく、村正が妖刀である限り、それは当たり前のこと。

「もはや妖刀ではなくなってしまいますねぇ。」「さあ、妖刀伝説を見極めさない」「伝説に誰もが踊らされる」

蜻蛉切や青江以外、村正の妖刀伝説・徳川に仇なす妖刀と言われていることについて触れていません。それは優しさから避けているわけではなく、物吉は常に一生懸命に前の主に対しての村正の印象を変えようと話しています。村正が妖刀であるとか関係ないんだなと思いました。ただ誤解を解いてほしいという気持ちだけ。それが凱旋から物吉である横田くんの「それは誤解なんです」という優しく諭すような言い方からヒシヒシと伝わってきました。物吉が引き裂かれるような思いでした決意を「あなたは、幸運だけを運びさない。こういうのは妖刀の役割デス。」と村正は言います。物吉の想いは確かに村正に伝わって、幸運の運び手である彼を悲しませるようなことはさせないという村正の優しさが現れてきています。

そして太田さんの村正はファミリーである蜻蛉切に同じ村正としての愛情と共に妖刀伝説を背負わせたくはない複雑な感情も持っているんだと凱旋から気付きました。共に行くことを決めた蜻蛉切に嬉しそうな笑みを浮かべていた村正。凱旋からはちょっと戸惑ったように蜻蛉切から視線をそらして、悩みながら…ハイと一緒に言った。村正は蜻蛉切が信康を肩に乗せるぐらい可愛がっていたことも、家康の家臣として誇っていたことも全部見ていた。見ていたからこそ、妖刀伝説を1人で背負う必要はないと言われた嬉しさと蜻蛉切の手を汚させたくはないという葛藤があった。あのシーンは1番変わったと思ったし、変わったからこそとても好きになりました。太田さんの村正とspiさんの蜻蛉切。2人が並んでるところが対照的で、2人だからできた村正と蜻蛉切だったんだなと思います。

また中性的な面が目立ちますが殺陣のシーンは戦いが進むにつれ狂ったように、男らしい声を上げるギャップにやられていました。

2部ではあまり絡みがなかった石切丸とニコニコと遊んでいたのが可愛かった。髪飾りのリボンが美しさを際立たせている…!1人だけのヘソ出しにはいつもクラクラしてました。


大好きな太田さんの歌。音響の関係で高音で音割れしているときもありましたが、いつだって歌声に圧倒されました。村正はソロが多くて嬉しかった。太田さんの村正の歌声を1秒でも長く聴いていたいとずっと思っていました。「頬に当たる風はそよそよ 風車はゆっくりと回る」という部分で頬を撫でながら歌っていたのがそのまま歌うようになっていて、どちらもまた新たな村正の美しさを発見させてくれました。

1公演だって同じ村正はいなく、そんな色んな時間を共有できることが幸せでした。

きっと1番村正を目で追っていたので、変化に気付くことができて、村正がより良くなっていると嬉しかったです。

初日は緊張の糸がピーンと張り詰めている感じがして、これが切れてしまったらどうなるんだろうと、とても不安でした。2部でも楽しそうというより険しそうだなと思ってました。でも公演が続いていくと慣れてきたのか自分の首を締めているという日替わりが増えたり、2部では村正が自分からアドリブをしたり遊んだり、舞台上からでも自分のうちわを見つけたり、楽しんでいるのを感じられました。

村正がうちわを見つけて、フッと笑いながらファンサをしてくれるのはとても嬉しかったです。

自由さ、妖艶さ、可愛さ、狂気、全部詰め込んだ妖刀・村正。太田さん色の村正。

体格や声を寄せるだけではなく、俳優さんが自分なりにキャラを解釈して演じるのが2.5の醍醐味の1つであり、ピタッとハマってその俳優さん色のキャラが本来のものと合わせて好きになったり、元々キャラが好きな人に俳優さんたち「とても良かった」って評価されるのは嬉しいことだと実感しました。

色んな舞台でまた新たに太田さんの魅力を知れることは楽しいなと再確認しました。


村正はあんまり書くとキリがないので…

同じ公演に東京・凱旋・ライビュを合わせて7回。初めての体験でした。

次に会えるのはきっと真剣乱舞祭。

それまで、ねんころり。


広告を非表示にする

みほとせ〜青江〜

国内公演全60公演が終了しました。
3月4日の東京初日から一区切りということで、2人についてになってしまいますが感想を書きます。長いので分けます。

荒木さん演じるにっかり青江。
多分、公演を重ねるごとに1番魅せられていた人物。
東京公演でも其処に本物のにっかりさんが居る…って思っていましたが、凱旋では荒木さんの演じるにっかりさんがいるって印象が強くなっていた。
青江がいるだけで、何ていうかとても安心するんですよ。
あっ、にっかりさんがいる。じゃあ大丈夫だなって気持ちになる。
部隊をまとめていたのは石切丸ですが、青江の言葉を借りるとのんびり屋の石切丸を青江が意識的にではないにしろ言葉にしてフォローすることでバランスを保っていた。
公演前に荒木さんがブログで他の役の方々について書いた記事がとても印象深く、青江を見てそんな荒木さんにピッタリだなと思いました。
凱旋では大倶利伽羅と手合わせを始める石切丸を止めようとして、刀で邪魔をするなと諌められるのではなく石切丸がジッと青江を見て、仕方がないと言わんばかりに引く青江。
桶狭間の戦い後、何も言わない石切丸の様子の変化にいち早く気がついてたのも青江でした。
青江は自分が何か思うことについては言葉にせず、髪を弄って気持ちを落ち着けてるのかなと何回か思いました。
「笑いなよ、にっかりと」「さあ、斬ったり斬られたりしよう」「へえ、お手並み拝見といこうか」
ニタァと不敵に笑う青江が好きです。凱旋ではそれこそにっかりとした雰囲気で話されていて、東京公演より妖しさや美しさが増していました。
また青江は徳川に関わる刀ではなかった中で、家康を看取るときに会釈をして送り出すのがとても好きなシーンでした。青江は家康の生涯を見届けて、何を思ったんだろう。誇らしかったのかな、嬉しかったのかな、色々考えました。
荒木さんの青江を演じられるときの声が好きなので1部ではあまり歌を聴くことが出来なくて残念でしたが、2部で全力で歌い踊る青江が見れて嬉しかったです。あと髪飾りが可愛い。個人的には肩甲骨辺りがとても好き。
隣で踊ると村正と青江の温度差というか、全然違うなぁ〜と思っていました。力強さが凄い。ライビュではインナーの色が変わるぐらい汗だくで驚いた。「安っぽいヒーローは僕の代名詞になった」と青江が歌うのが気に入ってました。

正直観るまでは青江を推すとは思いませんでした。
荒木さんが不敵に演じるにっかり青江、大好きです。

村正に続く。
広告を非表示にする

1人ってむずかしい

一途に応援することはリスクを背負うことだと思っていました。

好きな人・ものを見ることを楽しみにしている自分は、とても勝手なので夢だけを見させてほしい。

それでも目に入るのが炎上。

好きな人やものが誹謗中傷されるのは見ていて気持ちの良いものではなく、自分のことではないですが精神がすり減っていくような感覚でした。

何かあると平行して色んなものを応援していたので、言い方は悪いですが落ち着くまで別の方に逃げていました。


最近は昔からよく知っている人が驚くぐらい、太田さんが軸になっています。

だからこれは違うとか何かあったら自分はすぐに応援できなくなるんじゃないか。豆腐メンタルの持ち主なので立ち直れなくなるんじゃないか。

自分でわかっているから、回避する選択肢を探していました。

でも最近は応援しているときが楽しくて、こんなに毎日素敵!カッコいい!可愛い!って思わせて笑顔にしてくれるんだから今はそれでいいんじゃない?何をそんな起こってもないことに落ち込むことがあるのかな?と考えるようになりました。


いつも仏頂面か目が死んでいることが多いんですが、太田さんを見るといつも嬉しさが勝つのか、自然と笑っていることが多いらしい。

誰かに「ここが良かった」「この写真が良い」と話しているときもそう。

人生初となったチェキの撮影のときは本人にこういうイベントは初めてと伝えると、

「ホント?凄く嬉しそうな顔してる。こっちも嬉しくなる。ありがとう〜。」と言われました。いや感謝するのはこちらの方ですから…。


見ていて自然と笑顔になる人ぐらい応援している大切な俳優さんがいることは幸せなことだし、物吉くんも笑っていると幸運が舞い込むって言ってたよ!?って感じに落ち着いています。

そして自衛も前よりするようにしました。

真相もわからない噂に振り回されるのもしんどい。



もしかしたら、また太田さんぐらい応援したい!って思う人がいきなり現れるかも。

でもフォロワーさんとお話しさせてもらったり友達と話していたりして無理に別の何かを探すっていうことはやめようと思いました。

自分のこれまでやこれからも見直しつつ、応援していきたいと思う新年度です。悩むのも減らそう。

広告を非表示にする

応援すること

今日10年ぐらいの付き合いになる友人が家に来ました。

舞台のDVDが観たいっていうことで来て、会話の中で出てきたこと。

太田さんを応援していて常々言われていた「いつもならあっちにフラフラ、こっちにフラフラ。でも、もっくんは何だかいつもと違うね。」

太田さんは何が違うんだろう?自分はどうやって太田さんへの感情を出しているんだろう?どう思っているんだろう?って考えてみました。


私は太田さんに対してあんまり否定的な意見を言いません。

傾向としては自分の好きな部分をただ言って褒めている感じ。

自分が何か否定的なことを言うより、とにかく好きなところを話そうという思いがあるからです。

手紙では作品や役について思ったことは書きます。

でもツイッターでは自分の応援している人の此処が良い、此処が好きだと言って何でも良いから気になってくれれば嬉しいなって思ってます。

舞台観劇は1人で行くことが多かったですが太田さんを応援してからは写真集やカレンダー、作品のパンフレットを見せて「観にいってみませんか?」と会社の先輩や友人を誘うようになりました。合う合わないはあるかもしれませんが、それによって太田基裕という役者を知って気になってもらって「良かった」と言ってもらえるのがやっぱり嬉しいです。

宣材写真を変えよう!とかメルマガだけではなくFCを…と運営サイドに思うことはたまにありますが本人に対しては考えたことはなかったなぁと。

本人の紡ぐ言葉がとても自然体でスッと馴染むのも大きいのかもしれません。

そんなニュートラルな人に何かをガーッという気にはあまりならないです。

そしてとにかく真面目でストイック、あんまり嘘がつけない人なんだとは思います。

以前トークイベントのときにマギーさんに「もっくんは自分自身に対して愚痴る」ことを話されてました。周りに対してではなく、出来ない自分に対して苛立ちや悩みをぶつける。自分も苛立ちを外に出しがちですが、自分自身に対してというのはあまりなかったので凄い人だなぁとぼんやり思っていた記憶があります。

「完璧な日なんてあるの?完璧ってなに?」「自分ではそのときは出来ているかはわからないけど、あとから周りの人に言われて良かったんだなぁって」

役について考えて、考えすぎて壁にぶつかる姿に勝手に心配をして、いざ本番になるといつだって素晴らしい景色を観せてもらって「応援していて良かった。ありがとう。」って思います。

これまで応援してきた人に、あまり人間味を感じてなかったのかもしれないです。

だから太田さんの人間らしく作り上げる姿にとても共感して、そんな人が作りあげる景色をいつだって体感したい。


否定的なことも必要なこともあると思うのでそれはダメ!とか何か固定的に思ってることはないです。

あくまでSNSの自由、十人十色。

自分は誰かに否定されるのがとても怖くて嫌だと思ってます。自分がされたくないことは人にしない。


はたから見ればいわゆる盲目、と呼ばれるファンなのかもしれません。

でも話していてこんなに楽しい、もっと他の人にも魅力を知ってほしいなと思う人も初めてなので、きっと今はこんな感じが続くんだろうなと思います。

同じ役でも日々違った解釈や輝きを見せてくれる人。

どうにも負の連鎖から抜け出せず「これからどうすれば良いんだろう」って悩んだときに観た舞台。

とても救われた気がして、あのときから太田さんは自分にとって光のような人なのかもしれません。

まだまだ応援したてではありますが、

これからも太田さんのことを、出来る限り沢山観て応援していければ良いなと思います。



広告を非表示にする