備忘録

思ったことを忘れないように

今日も私の推しは素敵です。

黒ステの東京公演がはじまり、明日には千秋楽ですね。

太田さんの花宮が本当に大好きで、後半ではいつも最後のシーンで泣いていました。

周りはきっと誠凛の絆、WC出場に泣いているんだろうなとぼんやりと思いながら自分はいつも花宮の叫びに泣きます。

どのチームに思い入れがあるのかで見方が大きく変わるのも面白いなと思います。

まだ避けている感想も沢山あるので、大阪公演が終わったら、また改めて花宮については書きたいです。



今回の花宮も、初日からどんどん変わっていっています。

舌をベーッとするタイミング、セリフの強弱、動き、指先の使い方…。

舞台の花宮はアニメ・マンガとは違って1番狂気じみている、太田さんの花宮だと思っています。

そして今回、自分のタイプにヒットしている太田さんの花宮をとても褒めちぎっている自覚があります。

好きな俳優さんを褒めるだけの人は、その俳優さんの成長を望んでいないってツイートを見かけました。

とにかく褒めるのは盲目と思われるんじゃないかと不安で、太田さんをひたすら褒めるツイートをしているのが嫌な人もいるんじゃないかなと悩んだ時期もありました。

でも大好きな俳優さんを良いところを沢山見つけて褒められるのって本当に楽しいし、自分の推しは本当に素敵なんだと悪いところより良いところを知ってもらいたいのは自分の本音なんだと思っています。

太田さん自身が常に満足せず、次はどうしたら良い?と考えていらっしゃるのであえて自分が何かを指摘する必要はないんじゃないかって気持ちもあります。

いつだって試行錯誤を繰り返す太田さんをとても応援しているファンがいるって伝えられる文章を書きたい。だから太田さんが少しでも変えたところに気づいて、良くなったところを褒めたい。まわりには素敵な俳優さんなんだと伝えたい。そんなに気にしなくても良いのかなと考えるようになりました。


そして長く応援したいと思うから、自分がほしくないプライベート真偽不明の情報はなるべく見ないようにする。息切れしないように、調整する。



そして今回の黒ステは本当に今の環境に感謝しました。

色々環境が変わる中で1日おきに早退。申し訳ないと思って謝るといつも「もっくんを観る時間を大切にしているんだから、良いんだよ」と言ってくれます。

前の仕事のときは自分のことでいっぱいいっぱいだから人の話を聞かずに会話にならない、薬を飲まないとイライラが止められず寝ることができない。好きなものを観ていても必ずどこかで仕事のことを考える。自分でもわかっているけどコントロールできない。本当に辛かったです。

でも太田さんの舞台を観て、これで本当に良いのかと考えて抜け出すことができました。

そのあと、太田さんを1番に応援するようになったんだと思います。

周りの人には「本当にいつもありがとうございます」という気持ちでいっぱいです。だから休みの人が出て仕事が回りにくくなれば、率先して2人分の仕事をしたり自分に出来ることをしようと思って動きます。そうすると先輩に背負わなくて、抱えなくていいって言われますが…

太田さんを全力で応援できる今が、とても楽しいです。




明日は東京千秋楽、大阪公演に繋がりますね。

最後まで怪我なきように祈ってます。

変わり続ける太田さんの、花宮のバスケを最後まで見届けます。

誕生日が近いからと自分を甘やかして決めた

2年ぶりの大阪遠征、楽しみだー!